年間1,000人採用のノウハウにより、
難しいエンジニアの採用に成功。

Airitech株式会社
代表取締役 山﨑 政憲氏

約1ヶ月で資本業務提携が成立。
スピード感でも相性のよさを感じました。

事業規模の拡大を加速させようと思ったとき、サービスの向上に集中したかったのですが、営業もマーケティングも人事もやらなくてはいけないという状況でした。どうすべきかと考えて出した答えが、資本業務提携。すでにSHIFTグループに加わっていたメソドロジックの代表取締役社長である山岸耕二さんと知り合いだったこともあり、提携先の候補にあがったのがSHIFTでした。

私はとにかく時間をかけることが好きではありません。そのため、資本業務提携の話をもっていって3ヶ月以上待たされるようだったら断ろうと思っていたんです。しかし、SHIFTの代表取締役社長である丹下大さんと同い年で考え方も近く、約1ヶ月で交渉が成立。スピード感でも相性が抜群の企業と提携できたと思っています。

採用をいっきに加速し、
従業員数は提携前から数倍で、さらに増員中です。

SHIFTと資本業務提携を行って大きく成功をおさめたことのひとつが採用です。かつては会社独自に求人サイトを作成し、応募を募っていました。しかし、結果は数ヶ月に一度、問い合わせがあればいいくらい。うまくいっているとはいえませんでした。

しかし、資本業務提携後、SHIFTは年間1,000人もの採用を成功させているノウハウを惜しみなく提供してくれ、サイトの作成、スカウトメールの送信など、実務作業も一手に引き受けてくれたんです。私たちはどんな人材を採用すべきか、ターゲット選定に注力することができました。SHIFTグループという信用力もあり、採用をいっきに加速させて、従業員数は以前の何倍にもなっています。

従業員を大切にしたい。
その想いもSHIFTと一致しています。

SHIFTは約10%の年間平均昇給率やイベントの開催、福利厚生の充実など、従業員を大切にする企業です。私にも従業員を大切にしたいという想いがあったため、SHIFTにサポートしてもらいながら人事面の制度を再構築しました。もし、従業員を大切にするための制度を単独で考えていたら、完成まで辿り着けただろうかと不安になります。

人事面はもちろん、それ以外の制度の整備もSHIFTがサポートしてくれることでサービスを磨くことにフォーカスでき、子会社をもつまでに成長できました。SHIFTグループにいるという安心感があり、成長を加速させるアクセルを勢いよく踏めたと感じています。

世界進出という大きな目標も、
SHIFTグループなら実現できるはずです。

私はさまざまな企業とビジネスを行ってきましたが、SHIFTほど一体感のある企業は珍しいと思っています。しかも熱量がとても高い。SHIFTの勢いと従業員が増えたことが相まって、Airitechには熱気が溢れるようになりました。

いま私はグループに加わったおかげで、夢を追いかけさせてもらっています。これからは力を借りるだけではなく、グループの成長を加速させられるようにもっと貢献をしていかなくてはなりません。私のSHIFTグループとしての目標は世界進出。そのためにはもっと企業としても、グループとしても土台をしっかりさせることが必要です。Airitechは最先端技術の面で大いに貢献し、目標を達成するまで仲間とともに全力で走り続けたいと思っています。

お問い合わせ
トップページに戻る