SHIFTの顧客基盤と営業力を活かすことで、
プライム顧客数とエンジニア単価が
わずかな期間で増加。

株式会社システムアイ
代表取締役社長 葛川 敬祐氏

SHIFTの経営陣に会ったとき、
資本業務提携先としてここがベストだと感じました。

弊社の会長である佐野が私に社長を引き継ぐ際、資本業務提携先として紹介されたのがSHIFTでした。佐野自身も資本業務提携について大変悩んだようでしたが、成熟した企業のグループに参画することが経営基盤を安定させ、さらなる成長を望めるという想いが強かったのではないでしょうか。

私自身、話を聞いた当初はもちろん期待もありましたが、社員の待遇面や社風の変化など、不安な部分があったことは事実です。しかしSHIFTの丹下大社長や役員陣と会い、熱心にビジョンを共有してくれたとき「もし、この人たちが仲間となったなら、とても頼もしい存在になる」と感じ、資本業務提携先としてSHIFTがベストではないかと佐野に賛同したことを、いまでもはっきり覚えています。

資本業務提携の実績を自信に、
さらに新しいチャンスをものにしていきたい。

SHIFTと資本業務提携をしてまだ日は浅いのですが、グループに加わったメリットを早くも享受しています。そのメリットとは、プライム顧客(エンドユーザー企業)の数とエンジニア単価の増加です。

SHIFTは多種多様な業種に圧倒的な数の取引先を有しています。従来は数社のお客様からのみ開発を請け負っていましたが、SHIFTの顧客基盤と営業力を活かすことで、取り引きのなかったプライム顧客から案件を受注するようになりました。実際に、数字としても成果が出ていますし、これまで経験のない業種の案件は刺激的です。従来のお客様を大切にすることはもちろんですが、今後はますます新しい出会い、新しいチャンスをものにしていければと考えています。

プライム顧客の案件などが増加したことで、
従業員にもキャリアアップのチャンスが増えました。

従業員のキャリアアップの幅を広げることができる。それもまた、SHIFTと資本業務提携をしたからこそのメリットです。プライム顧客の案件をはじめ、幅広い業種の開発に携わる機会が増えてきました。売上などの数字的な面だけでなく、従来とは異なる案件の選択肢を用意することで、従業員の志向にも応えられるようになったことはSHIFTと資本業務提携してよかったことの一つです。

また、SHIFTの教育サービスであるヒンシツ大学やグループ会社のセミナーも受講することができ、教育面の充実もはかることができました。受講した従業員が前向きになって戻ってくる姿は、とても頼もしく感じています。

エンジニアの開発スキルを世界基準に。
SHIFTと資本業務提携すれば夢ではありません。

SHIFTはアグレッシブな売上目標を立てて、魔法がかかったようにそれを達成してきた確かな実績があります。今後、大きな目標を立てて達成に向けて突き進んでいくSHIFTの姿を間近で見られることは、経営者として得るものが大きいのではないでしょうか。

経営者である一方で、私はエンジニアでもあります。そんな私の夢は、社内のエンジニア、ひいては日本の開発レベルを世界水準にすること。SHIFTの営業力はとても信頼しているので、あとは我々が技術を磨くだけ。SHIFTの多種多様なお客様の案件に挑みつづけて高いレベルの技術を追求していくことで、エンジニアのスキルが磨かれ、世界基準に達する日はそう遠い未来の話ではないと確信しています。

お問い合わせ
トップページに戻る